ティーエスケー
大規模修繕改修の準備から着工までの流れ

1.建物の現状把握
外見からの点検、過去の修繕記録の確認。 竣工図面の有無の確認及び予備調査を行います。
2.調査・診断書の作成
予備調査に基づいて建物の状況を細かく調査し、
  • 建物調査報告書
  • リニューアル企画書
  • 修繕・改修設計案などを作成します。
3.施工業者の選定
  • 優良施工業者選定のチェックポイント
4.改修工事の発注
会社内容・調査報告書・見積書などによって業者を選定し、発注します。
5.工事施工準備
  • 施工計画に基づき、工程、資材置き場、事務所の設置などについて、施工業者と打ち合わせ、協議します。
  • 諸官庁への届出、居住者への説明会、近隣の方々への工事告知チラシ配布、説明などを実施します。
建築リフォームは単なるお化粧直しではありません。
快適で住みよい環境のために建物を健全な状態に戻し、資産価値を低下させないための工事です。

優良施工業者選定の
チェックポイント
健全経営の会社であるか?
経営基盤がしっかりした安心・安全な会社であるかどうかはとても重要なポイント。見積金額の安さだけでなく、経営内容をオープンにしているしっかりした会社を選びましょう。
改修実績の多い会社であるか?
リニューアル工事は新築工事と異なり、人が現に生活する場での工事です。住んでいる人の安全やプライバシー保護、生活のリズムも十分に考慮されなければなりません。実は、ここに数多くの実績・経験が活かされるのです。
総合技術力のある会社であるか?
大規模総合改修工事を準備から完成まで一貫して行うには、様々なプロセスが必要です。そのための十分な組織力とノウハウを備えた会社を選ぶことをおすすめします。
アフターサービスに対応しているか?
改修工事後も様々な要望に応えてくれる会社を選ばないと、長期間の快適な生活は得られません。責任を持って工事を実施した証である保証書は出してくれるのか、また保証書に記載されるアフターサービスの内容は何かを聞いてみましょう。
ISO認証を取得しているか?
ISO認証とは、国際標準化機構で策定された国際規格のこと。 「ISO14001(環境マネジメントシステム)認証」や「ISO9001(品質マネジメントシステム)認証」等を取得しているかどうかが、企業の体制や姿勢を測る判断基準になるでしょう。